© 2019 aba Inc.

1/4

VISION

支えあいが巡る社会をつくる。

たくさんの支えあいが社会を創り出し、
私たちはその中で日々を生きています。

人が本来持ち合わせているたくましい生命力を
引き出すことができれば、前向きな意思と自信が生まれ、
もっと社会は楽しくなるはず。

abaは介護という支えあいのフィールドを支える
テクノロジーライフケアカンパニーです。
現場に寄り添った手触りのあるテクノロジーによって、
必要なときに必要な介護を実現し、
経験を問わず相手の生命力を引き出すことができる
システムを社会に実装していきます。

なめらかな支えあいが循環し、
一人ひとりが自分らしく生きられる社会を目指して。

 

 

NEWS

「第46回 国際福祉機器展 H.C.R.2019」へ出展しました。

2019/10/03

Updates

代表・社員インタビューページを追加しました。

https://www.aba-lab.com/interview

2019/09/24

Updates

 

ABOUT US

介護現場において最重要課題でもある「排泄ケア」は、今なお適時的確なケア(オムツ交換など)が実行できていない介護現場が多く、例えば、無駄に終わってしまう定時確認(空振り)や尿便もれなどを通して、介護者は自分自身を責めてしまい、モチベーションの低下につながっています。それらも要因となり、3年以内に離職する介護者の割合は7割を超えています。また要介護者にとっても、不必要におむつを開閉される、おむつから尿や便が漏れるなどによって、尊厳保持が困難になる、QOL(Quality of Life)が低下するなどが起きています。

 

株式会社abaは、排泄センシングおよびパターン解析によって、介護者・要介護者の精神的・肉体的負担の解決を目指し、要介護者の排泄状態を検知・記録できるデバイスを開発しています。現在は、においセンサで便と尿を検知し、要介護者に負担を与えない形状のプロダクト(Helppad)を販売しており、すでに導入実績があります。

 

これからも介護現場に必要とされている次世代プロダクトを開発し続け、さらなる業務負担の軽減・ケアの質向上を実現していきます。

 
 

TECHNOLOGY

非侵襲・非接触な「におい」のセンシング技術

abaは、においで排泄を検知するため要介護者に対して非接触・非侵襲である排泄センサ開発しました。

これにより、排泄業務時の交換作業や要介護者の肌トラブルなど身体的な影響が軽減されます。

介護現場でも日常的に使用される防水シートを参考にしており、介護者にとってもユーザビリティが高いプロダクトを開発しています。

検知データの蓄積と
排泄検知アルゴリズム技術

検知データの蓄積および、それらの分析を通して、介護者は要介護者の排泄リズムを把握することが可能になります。

このパターン表の作成を通して、空振りに終わっていたおむつ交換を低減し、負担の軽減を実現します。

 

また、センサデータが蓄積され、それらのデータを機械学習することによって、排泄検知の精度はより精緻なものへと変化し続けます。

 

PRODUCT

Helppad
排泄センサー ヘルプパッド

ひとが生きていく上で、なくてはならない“排泄”。


それが介護の現場では、介護をする人と受ける人にとっての負担となり、超高齢社会における大きな課題になっています。
そんな介護に関わる人たちを、少しでも助けることができたなら。

最先端のロボティクス技術で、介護業界の変革に挑むaba。
現場に寄り添い、長きにわたって介護業界を支えてきたパラマウントベッド。それぞれの技術と経験が、排泄から介護をよくしたいという情熱のもとで重なり、排泄センサ「Helppad(ヘルプパッド)」は誕生しました。

Helppadは世界初の、においで尿と便を検知する排泄センサーです。ベッドに敷くだけで排泄物を検知し、おむつ交換のタイミングを通知。
不快感や便漏れを防ぎ、排泄ケアの負担を和らげる、「排泄のストレスを、排泄する」介護現場の強い味方です。

わたしたちは助けて欲しいという想いと、助けたいという想いをつなぎ、介護の現場に助けあいの合図を鳴らしていきたいと願っています。
 

介護に関わるすべての人が輝く未来をつくっていきましょう。

一緒に。

Helppad ブランドムービー

Helppad 解説ムービー

 

CONTACT

弊社に関する各種お問い合わせは下記のフォームよりお願い致します

logo_aba.png