page icon

株式会社aba

notion image
私たち aba は、体温のあるテクノロジーを通じて「誰もが介護できる社会」をつくるケアテックカンパニーです。 介護の負担感が大きい排泄ケアに10年以上真摯に向き合い、業界初のにおいで尿と便を検知する排泄ケアシステム Helppad を開発しました( https://helppad.jp ) 。
 
🙇
「NO IMAGE」と表示される場合は、VPN 以外の方法でページ閲覧をお願いします。
 
ニュース
 
 
 

ビジョン

notion image

支えあいが巡る社会をつくる。

たくさんの支えあいが社会を創り出し、私たちはその中で日々を生きています。
人が本来持ち合わせているたくましい生命力を引き出すことができれば、前向きな意思と自信が生まれ、もっと社会は楽しくなるはず。
私たち aba は、体温のあるテクノロジーを通じて必要なときに必要なケアを届けるお手伝いをするケアテックカンパニーです。 現場に寄り添った手触りのあるテクノロジーによって、必要なときに必要な介護を実現し、経験を問わず相手の生命力を引き出すことができるシステムを社会に実装していきます。
なめらかな支えあいが循環し、一人ひとりが自分らしく生きられる社会を目指して。
 
 
 

私たちについて

介護現場において最重要課題でもある「排泄ケア」。
今なお適時的確なケア(オムツ交換など)が実行できていない介護現場は多いです。
例えば、おむつを開けても何も出ていなかった空振りや尿便漏れなどを通して、介護者は自分自身を責めてしまい、モチベーションの低下につながっています。それらも要因となり、退職者の内 7割が 3年以内に離職しています。
また要介護者にとっても、不必要におむつを開閉される、おむつから尿や便が漏れるなどによって、尊厳保持が困難になる、QOL(Quality of Life)が低下するなどが起きています。
私たちは、排泄センシングおよびパターン解析によって、介護者・要介護者の精神的・肉体的負担の解決を目指し、要介護者の排泄状態を検知・記録できるデバイスを開発しています。現在は、においセンサーで便と尿を検知し、要介護者に負担を与えない形状のプロダクト(Helppad)を販売しており、すでに導入実績があります。
これからも介護現場に必要とされている次世代プロダクトを開発し続け、さらなる業務負担の軽減・ケアの質向上を実現していきます。
notion image
notion image
notion image
 
 
 

サービス

notion image

aba lab

「テクノロジーで誰もが介護できる社会」を目指して
介護現場に寄り添うことで培ってきた知見・技術・ネットワークを活かして、事業支援コンサルティング・プロトタイプ開発・臨床試験支援といった形での支援を行います。
高度な技術開発と、介護現場の知見を併せ持つ「aba lab」だからこそ提供できる最高のテクノロジーで、介護を生活に溶け込ませ、誰もが介護できる社会の実現を目指していきます。
・介護業界の市場を調査してほしい
・介護業界向けの製品を開発したい
・自社製品を介護業界向けにカスタマイズしたい
Plain Text
などなど、ご興味のある企業様はぜひご連絡ください。
 
 
 
 
notion image

Helppad

排泄ケアシステム ヘルプパッド
排泄ケアシステム Helppad
『Helppad』は業界初の「におい」で尿と便を検知するセンサーを用いた 排泄ケアシステムです。 機器を身体に装着することなく、ベッドに敷くだけで排泄を検知できます。 蓄積されたデータを利活用して排泄パターン表や予報の確認も可能です。 最先端のロボット技術を生かし、介護現場と向き合う aba。長きにわたり介護業界を支えてきたパラマウントベッド。 それぞれの技術と経験が重なり、「ヘルプパッド」は誕生 しました。 介護施設のかたとの会話がきっかけで生まれたヘルプパッド。 おむつ濡れやおむつ交換の空振りを減らし、 必要なときに必要なケアを 届けるお手伝いをします。 機器は身体に装着することなく ベッドに敷くだけ 。 装着型の製品と比べて肌への負担が少なく、しかも便も検知できます。 ベッド上のセンサーが 排泄を検知するとアプリでお知らせ します。また、システムでおむつ漏れのリスクを判断してお部屋に行く順序をご提案します。 放屁と排便を区別するため、リアルタイム通知はできません。 排泄記録や下剤記録を、見やすい色分けの表で確認。最後に排便をしたのがいつだったか 一目でわかります 。 また、過去 1 ヶ月分をまとめて見ることもでき、排泄ケアの改善具合を確認できます。 ヘルプパッドを敷いておくだけで、データを利活用して 利用者様それぞれの排泄パターンを見える化 します。 また、おむつ交換の推奨時間をご提案します。
 
notion image
ひとが生きていく上で、なくてはならない“排泄”。
それが介護の現場では、介護をする人と受ける人にとっての負担となり、超高齢社会における大きな課題になっています。 そんな介護に関わる人たちを、少しでも助けることができたなら。
最先端のロボティクス技術で、介護業界の変革に挑む aba。 現場に寄り添い、長きにわたって介護業界を支えてきたパラマウントベッド。 それぞれの技術と経験が、排泄から介護をよくしたいという情熱のもとで重なり、排泄ケアシステム「Helppad(ヘルプパッド)」は誕生しました。
ベッドに敷くだけで排泄を検知し、おむつ交換のタイミングを通知。 不快感や便漏れを防ぎ、排泄ケアの負担を和らげる、「排泄のストレスを、排泄する」介護現場の強い味方です。
わたしたちは助けて欲しいという想いと、助けたいという想いをつなぎ、介護の現場に助けあいの合図を鳴らしていきたいと願っています。
 
介護に関わるすべての人が輝く未来をつくっていきましょう。一緒に。
 
 
 
 
 
 

メンバー紹介

 
 
 
 
 
 
 
 

会社について

 
会社概要
Title
Text
株式会社aba
宇井 吉美
〒274-0824 千葉県船橋市前原東3-30-5
2011年10月7日
1億2,215万4,070円
医療・介護・福祉分野を対象としたロボティクス技術の研究開発及びサービス提供
047-494-6823 (受付時間: 10:00~18:00 ※土曜・日曜・祝日・年末年始を除く)
047-413-6125 (2021/01/13 に変わりました)
 
 
会社概要
Title
Text
株式会社aba
宇井 吉美
〒274-0824 千葉県船橋市前原東3-30-5
2011年10月7日
1億2,215万4,070円
医療・介護・福祉分野を対象としたロボティクス技術の研究開発及びサービス提供
047-494-6823 (受付時間: 10:00~18:00 ※土曜・日曜・祝日・年末年始を除く)
047-413-6125 (2021/01/13 に変わりました)
 
 
 

アクセス

〒274-0824 千葉県船橋市前原東3-30-5
・津田沼駅から徒歩15分
・前原駅(新京成線)から徒歩5分
 
 
 
 

お問い合わせ